2018年4月4日水曜日

すくすくはらっこのご案内

乳幼児ふれあい学級 『すくすくはらっこ』のご案内

平成30年5月14(月)10:30~12:00

原公民館 講堂にて、乳幼児(0歳~2歳)のお子さんと保護者のふれあいの場を
開催します。

毎月、第2月曜日の同じ時間に、いろいろなテーマで皆で学習し、遊んだり仲良く
楽しく過ごしましょう。
午後はそのまま子育てサロンになりますので、お弁当持参で一日ゆっくり遊べます。
参加される方は公民館までご連絡ください。 ご参加お待ちしております。

原公民館 ℡ 821-6414

2018年3月26日月曜日

親子でパン教室

 平成30年3月24日(土)西部ガスの出前講座による「親子でパン教室」の講座を開催しました。春休みの親子で、にぎやかに楽しく作ったパンは、とても上手に美味しくできました。パンの焼ける甘くて香ばしい匂いに負けず、味もばっちりで、幸せな春休みの一日でした。

2018年3月17日土曜日

お父さん出番ですよ!!

平成30年3月17日(土)男性の料理教室、「お父さん出番ですよ!!」の今年度最後の講座があり、春のちらし寿司、大根のスープ、青菜と厚揚げのチャンプルーを作りました。春らしく、明るく華やかなお寿司と野菜たっぷりメニューで体に優しいお料理でした。お味ばっちりで、お父さんたちの腕がますます上がり、来年度も楽しみです。

2018年3月10日土曜日

まだ間に合う!シニアライフの備え

平成30年3月10日(土)「まだ間に合う!シニアライフの備え」と題し今後の高齢化社会に向け、将来のために知っているのといないのでは違ってくるのでは?ということで午前、午後の2部制で講座を開きました。
第一部では、認知症になりにく食生活のための知識を管理栄養士の川野由美子先生に教えていただきました。「鯵の野菜あんかけ、里芋のともあえ、糸寒天の酢の物、リンゴの寒天」
でした。皆で作って皆で美味しくいただきました。会話を
しながら食事するのも認知症予防の一つですね。



 第二部は、午後から高齢者体験装具を一人づず体験しました。
3人一組になり、体験者、介護者、観察者の当番をそれぞれ行いました。皆さん口々に、目が見えにくのと耳が聞こえないのが一番困る、とのこと。動きが不自由になることよりも、もっと不便だそうです。体の筋肉は鍛えることができても白内障や、耳が遠くなるのは体験してみる価値ありですね。
最後にボランティアセンターの張さんから、ユニバーサルデザインの商品を見せていただきながら、高齢者や障がい者に優しいもの、まちは誰にでも便利で暮らしやすい社会になるとお話いただきました。これからの世代に実現していってほしいです。

原悠遊クラブ(閉講式)

平成30年3月5日(月)高齢者教室「悠遊クラブ」の閉講式がありました。今年度の最後は、おおいた観光特使の矢野大和さんにお話に来ていただき、笑って脳トレと題し、皆で大いに笑いました。
30年度は5月からスタートです。皆さんの参加をお待ちしております。

のびのび原っ子


お弁当を作る 第三弾
 
栄養のバランスからメニューを考えたり、卵焼きとおにぎりの練習をして、
 
いよいよ本番のお弁当作りに挑戦しました。